40代男性にも鉄分が必要です。ヘム鉄と非ヘム鉄吸収率が違います

ヘム鉄 サプリ&食品

鉄と言えば、サプリメントをよく利用される方には常識かもしれません。

 

しかし、どのような仕組みで身体に吸収されるかご存知ですか?

女性の場合、月経などで鉄分が不足がちですが、実は男性にも鉄分は重要です。

ヘム鉄

40代男性で筋トレをするなら摂っておいた方がいい鉄分

血液の成分である赤血球、その中に含まれているヘモグロビンが酸素を身体に運ぶ役割があります。

  • ヘモグロビンが不足するのが普通の貧血
  • ヘモグロビンの原料であるヘム鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血

身体を作り上げていくには重要だと理解できましたか?

 

40代男性でも筋トレを日課にされている方が多いでしょう。

そんな人にヘム鉄は必要なのか?

結論から言うと、ヘム鉄は必要です。

筋トレなどの激しい運動をするとたくさんの酸素が必要となります。
この酸素を運ぶ役目を血液が担っています。
そして、ヘモグロビンという成分が酸素を載せて運びます。

ヘム鉄はこのヘモグロビンの材料なので、身体の酸素不足を補うためにはヘム鉄が必要となります。

鉄には2種類ヘム鉄と非ヘム鉄があります

鉄分と言っても2種類あるのはご存知ですか?

  • ヘム鉄
  • 非ヘム鉄

 

ヘム鉄はポルフィリンというタンパク質の中に鉄分子を含んだ「ヘム」という化合物の中に存在します。
鉄は小腸の上部で吸収されていきますが、小腸にはヘムの特殊な受容体が存在しており、ヘムが効率よく吸収されます。
そのために、ヘムの中に存在するヘム鉄は小腸からスムーズに吸収されて、鉄分として体内に活かされていきます。

 

ヘム鉄は非ヘム鉄より吸収率が高い

ヘム鉄には鉄ポルフィリン複合体というものに囲まれているため胃壁や腸管を荒らしません。

しかし非ヘム鉄であるほうれん草などは、食物繊維やタンニンなどによる吸収阻害を受けてしまいます。

 

効率よく鉄分摂取ならヘム鉄がオススメです。

鉄分の吸収経路

ヘム鉄吸収経路

 

ヘム鉄や非ヘム鉄が含まれている食材

平均的な摂取量は日量で10mgと言われています。
しかし、吸収率でいうと1mgになるでしょう。

ヘム鉄が多い食材

豚レバー 13mg
鶏レバー 9mg
牛もも赤肉 2.7mg
しじみ 4.3mg
あさり 3.8mg
かつお 1.9mg

 

非ヘム鉄が多い食材

ほうれん草 2mg
小松菜 2.7mg
ひじき(干) 55mg
大豆(ゆで) 2mg
油揚げ 4.2mg
卵黄 6.0mg

 

どちらも簡単に摂取できる食材ばかりです。

上手に取り込んで血液成分を健康的に保ちましょう。

コメント